法律と成人のことについて

法律では成人と未成年の間に大きな違いを設けています。
特に違いが見られるのが刑罰に関しての規定です。
成人が何らかの刑罰に服しなければいけないような場合に比べて、未成年はそれよりも軽い措置がされることがあります。
こうした処置が取られている背景には未青年はまだ人格的に未発達であるということが考慮に入れられています。
未成年には更生の可能性が残されているということで、寛大な処置が取られることがあるのです。
ですが最近ではさまざまな事件が起こっているためにより柔軟な考え方が必要にされていると言われています。
社会の実情に合った法の運用が求められているのです。
そこで大切になることはそこで暮らし成長していく子供達がどのようにしたら健やかに育つことができるのかということを真剣になって考えていくことです。
子供を罰することと同じくらいに大切なものがあるということを大人がしっかりと見失わないようにすることが必要です。

民法という法律について

民法とは、人間関係を規定する私法において基本となる法律の事です。
これは日常生活の基本的なルールを定めた法律であるため、司法試験や公務員試験などの多くの資格や試験で出題されるのですが、その量の多さから覚えるためにはかなりの時間を費やします。
民法の基本原則は権利能力平等の原則・私的自治の原則・所有権利絶対の原則という3つの原則があり、その中の私的自治の原則には、契約自由の原則や過失責任の原則の2つの原則を含んでいると言われています。
また、民法は大きく分けて5つの編に分けて記載されており、一般的規定をまとめた「総則」・物を直接的排他的に支配する「物権」・特定の人に対して一定の行為を請求する「債権」という3つのものがあり、それらは財産関係の規定であるため、財産法と呼ばれ、6親等以内の血族や配偶者、3親等以内の姻族の事を指す「親族」・ある人が死亡した際、その人の権利義務関係が他の人に包括的に受け継がれる「相続」という2つのものは、家族間の関係の規定であるため、家族法と呼ばれています。